ハンディタイプのスチームクリーナー

屋外

お掃除に便利なスチームクリーナー。コンロ、レンジ周りなど家の中だけではなくお車や戸建ての外装などお外でも使いたいですね。でも、キャスタータイプだと外ではなかなか使いにくてせっかくのキャスターの意味がなくなてしまう上、本体が重くてあちこちに移動するだけで疲れてしまいそうですね。

しかしご安心を!普通の掃除機でもハンディタイプの手軽なものがありますが、スチームクリーナーにもハンディタイプがあるのです。ただ、メリットデメリットがあって人によってはキャスタータイプとハンディタイプのスチームクリーナーのどちらが適しているのか変わりますね。これからスチームクリーナーを購入される方はご自身の用途をお考えになってお選びくださいね!

ハンディタイプのメリット

ハンディタイプのスチームクリーナー、何と言ってもメリットは手軽さ。例えば外壁にこびりついた汚れや車のホイールの汚れなど外で使う時にサッと持ち出せて使える点はハンディのスチームクリーナーが秀逸ですね。また、コンパクトであるが故に収納場所が小さく、困ってしまうこともありません。

また、キャスタータイプですとスイッチやスチームのコントロールが本体側にあるものもあり、その場合手元でさっと切り替えができません。その点ハンディのスチームクリーナーなら手元に全て揃っていますのでサッと切り替えて使える点は便利ですね。

ハンディタイプのデメリット

ハンディタイプのスチームクリーナーにもデメリットはあります。コンパクトさがメリットになる点が多くありましたが、コンパクトであるが故に水をいれておくタンクが小さくて連続使用時間がキャスタータイプのスチームクリーナーに比べて短いため、ちょっと不便。また、水の入ったタンクとモーターなどの本体ごと持っているハンディタイプはどうしても重量があるためずっと持って使うには疲れてしまい、女性が長く使うにはあまり向いていない点もいなめません。

ご意見投稿お待ちしています!!