スチームクリーナー選びのポイント

住宅

スチームクリーナーはハンディタイプやキャスタータイプといったタイプ別以外に、スチーム方式で更に2種類あります。値段の手軽さばかりを気にしていると、思ったような効果がなかった・・となることもありますので、スチームクリーナーをこれから購入する方に是非チェックいただきたいポイントをご紹介!

ハンディorキャスター

スチームクリーナーは持ち運び可能なハンディタイプと本体のタンク容量が大きなキャスタータイプがあります。おうちの中でしっかりお掃除したい時に使うことがメインであればハンディタイプは連続使用時間が短く本体が重くて長時間持つのに適していませんので、キャスタータイプのスチームクリーナーがオススメです。外で使う場合やペットや子供が原因の汚れにサッと出してきて短時間で使いたい、収納場所は確保できないという場合にはコンパクトなハンディタイプがオススメです。

スチーム形式をチェックしよう

スチームクリーナーはボイラー式とパネル式の2種類のスチーム形式があります。それぞれにメリットデメリットがありますので、アナタに合ったスチームクリーナーをお選びください。

ボイラー式のスチームクリーナー

ボイラー式はタンクを密閉して水を直接加熱してスチームを発生させるため、タンク内の水をスチームとして使うことができるまで温める時間が必要になり、「電源を入れてすぐに使いたい」という場合や「タンクの水がなくなっても足してすぐに使いたい」という場合には不向きです。

ただ、高温・高圧でタンク内の水は最大で140℃ほどまでの高温になります。パネル式よりも高温・高圧であるためにより汚れが落ちやすくて期待した効果が得られる点がメリットとなります。なお、パネル式と違って価格面でも高くなりがちな機種が多いため、費用面での検討も必要となります。

パネル式のスチームクリーナー

パネル式のスチームくりなーはタンク内の水を温めるのではなく、暑い鉄板を通じて水を蒸気に変えて噴射しています。そのため、スチーム温度は85℃ほどになってしまい、ボイラー式ほどの高温スチームは期待できません。しかし、スイッチを入れてすぐに使える上、価格的にはボイラー式に比べて安価で手に入ります。

ご意見投稿お待ちしています!!